【夫の浮気】浮気の証拠となるもの《自分でできる証拠集め》

浮気の証拠となるもの《自分でできる証拠集め》

最終的に浮気調査を探偵に依頼するとしても、ある程度の証拠は自分で集めておきたいということがあるものです。
そもそも浮気の証拠となるものとは、一体どのようなものなのでしょうか。

 

今回は、代表的なものをいくつかご紹介していくことにしましょう。

 

まず1つは、レシートやクレジットカードの明細書です。
ついうっかり残してしまうものでもありますし、怪しまれることなく集めることが
できるものでもあります。

 

それからメールのやり取りに関しては、不貞の事実が分かる内容であれば証拠として有効となります。
1回のやり取りだけではなく、長期間にわたって浮気していることが分かる内容のものをいくつか記録しておくことができれば、浮気の証拠として有効となるでしょう。

 

またメールを利用して浮気相手と連絡を取っていると、予測変換で普段どのような会話をしているのかが分かることがあります。
そういった証拠も有効となりますので、できるだけ記録して残しておくことをお勧めします。

 

その他の証拠としては、ラブホテルの会員券や割引券なども証拠となるでしょう。
ちなみに一番強い証拠は、ラブホテルに出入りしている写真や動画なのですが、素人が尾行して確実に証拠を抑えることはかなり難しいものです。

 

一般的には、愛しているという言葉や好きだという言葉だけでも、浮気をしている証拠となりそうなものですが、確実に浮気の証拠を掴みたいのであれば、やはりラブホテルに出入りしている写真や動画が一番有効だったりします。

 

このように見ていくと、意外と自分で集めることができる証拠は少ないことが分かりますが、塵も積もればという言葉の通り、数が多くなれば継続性が認められますので、証拠として効力を持つようになるものです。

 

骨の折れる作業ではありますが、浮気をしていると断定できるものは全て残しておくようにするとよいでしょう。
この時、普段の帰宅時間などもこまめに取っておくと、浮気相手と会っている曜日や間隔が分かったりするものですので、記録として残しておくことをおすすめします。


このページの先頭へ戻る